第2回 砥川流域協議会 要旨

 

日時: 平成15年7月10日  18:30〜21:30
場所: 下諏訪町役場 4階講堂

○議事内容および決定事項

1.第1回の議事録について、出席者により確認し、下記事項を修正した。
    (修正前)「岡谷市の利水問題については平成19年までは当面問題はない。」
   →(修正後)「岡谷市の水需要の問題については平成19年までは当面問題はない。」

2.「河川整備の計画制度について」事務局より説明を受けた。

3.砥川改修原案について、平面・縦断・横断図により事務局より説明を受けた。

4.現況河川流下能力(河口〜医王渡橋)について事務局より説明を受けた。

5.7月19日(土)現地検討会を実施する。

6.今後、2週間に1回の目安で協議会を開催する。

7.河川改修原案について、協議会では項目ごとに区切って討議を進めていく。

出された意見など

1.河川計画および現況河川流下能力
 ・ 詳しい(縮尺の)平面図を示して頂きたい。 
 ・ 引堤区間は、河床掘削でも対応が可能ではないか。
 ・ 河道は出来るだけ直線にした方が、流れに自然であり、天端道路の車の便も良い。
 ・ 福沢川合流点上流の引堤区間では、堰堤(No.90,100,113,122)を撤去し河床勾配をきつくすることにより、流下能力が確保できるのではないか。
 ・ 河口部は、河床勾配がないため引堤もやむを得ないかもしれない。
 ・ 現況の河川流下能力は、工事区間の着手優先度に利用していくべきである。
 ・ 一般的な河川流下能力の計算方法を知りたい。
 ・ 現時点で、環境に関して計画へ反映されていないので、示された計画定規断面を基本に、今後検討願いたい。
 ・ 河床掘削による護岸根継工では、流下断面が確保できないのでは?(現況の護岸石積は、基本的には積み替えるが、支障ない部分は現況のままを考えている)
 ・ 現況の堤防天端を切り下げ、現況巾を確保することが必要か検討を要する。
 ・ 余裕高の部分は盛土を基本としているため、天端を車道とする場合などは、構造変更を要する。
 ・ 護岸構造については、蛇篭、植生、間伐材利用等も含め具体的な工法を,今後検討していきたい。
 ・ 橋梁架け替えの具体的な計画を示して頂きたい。(現状では設計されていない)

2.今後の進め方
 ・ 総論を固めてから各論に入った方が良い。 
 ・ 河川改修原案について、具体的に前へ進めてもらいたい。
 ・ 個別の問題は次の段階にして、個々の立場はあっても、全体を見た議論をして頂きたい。
 ・ 検討の期限はあるが、じっくり検討した方がよいのでは。
 ・ 図面や資料を理解出来るまで、質問などをした方が良い。   
 ・ 図面だけでは、実際の砥川と一致しない。現地を見たらどうか。
 ・ 流域対策については、現在検討中であり、7月末に案を示せるよう県で努力しているため、案が出た時点で検討する。
 ・ 利水については特別に時間をとって頂きたい。

▲第1回流域協議会の要旨 

<お問い合わせ先>
■このページの内容に関するご意見及びお問い合わせは
 長野県諏訪建設事務所 管理計画課 河川改良係
 TEL: 0266-57-2944(直通) FAX: 0266-57-2946
 E-mail: suwaken-kanrikei@pref.nagano.jp
 URL:   http://www.pref.nagano.jp/xdoboku/suwaken/index.htm 

▲砥川流域協議会のページへ戻る

▲ホームへ戻る