sorry Japanese only
月 日 記               事
昭和46年
1971
4月 1日  予備調査(県単独費)として地質調査を開始する (S46〜S51)
昭和48年
1973
3月 5日  「浅川改修期成同盟会」が設立される
    会長 長野市長
昭和51年
1976
7月31日  ダム計画と合わせた河川改修で「浅川改修同盟会」の了承を得る
昭和52年
1977
4月16日  「実施計画調査(国庫補助)」が採択される(S52〜S59)
6月23日  計画高水流量350m3/s(基本高水450m3/s、ダムカット量100m3/s)及び河道計画について、建設省が了承する。河川改修工事を開始する。
昭和60年
1985
4月 1日  水道事業者の長野市と「基本協定書」を締結する (事業費125億円)
4月 5日  浅川ダム建設事業が国庫補助として新規採択される
昭和63年
1988
4月12日  浅川河川工事の全体計画について認可される
平成 3年
1991
3月12日  ダム軸及びダム型式について建設省の了解を得る
平成 5年
1993
5月31日  「浅川ダム仮地権者組合」と用地補償基準を妥結する
12月14日  一般県道飯綱高原浅川線の付替道路工事に着手する
12月16日  「浅川ダム建設工事差し止め仮処分命令申立て」がされる
平成 7年
1995
2月14日  「浅川ダム建設工事差し止め仮処分命令申立て」が却下される
3月31日  「浅川ダム建設事業全体計画」が建設大臣に認可される
11月24日  「住民監査請求」が提出される (浅川ダム計画で平成6年に支出した費用は違法かつ不当)
平成 8年
1996
1月23日  平成7年11月の「住民監査請求」に対し「請求に理由がない」とした監査結果が通知される
2月15日  水道事業者の長野市と「変更基本協定書」を締結する (事業費330億円)
2月21日  「多目的ダム建設差し止め請求住民訴訟」が提訴される
5〜11月  浅川流域各地区説明会を開催する
12月26日  付替道路(浅川ループライン)が完成し供用開始する
平成 9年
1997
2月26日  本体実施設計について建設省の了解を得る
3〜12月  浅川流域各地区説明会を開催する
8〜11月  浅川ダム本体を対象とした「景観検討委員会」を開催する
平成10年
1998
4〜10月  浅川流域各地区説明会を開催する
12月18日  「平成10年度公共事業評価監視委員会」が浅川ダム建設事業継続の意見書を提出する
12月25日  仮排水トンネル工事に着手する
平成11年
1999
3月31日  水道事業者の長野市と「変更基本協定書」を締結する (事業費400億円)
4〜10月  浅川流域各地区説明会を開催する
7月29日  「公共事業再評価委員会」で「浅川ダム地すべり等技術検討委員会」の結果を報告するよう意見が出される
7〜
H12.1月
 「浅川ダム地すべり等技術検討委員会」が7回にわたり開催される
平成12年
2000
2月15日  仮排水トンネル工事が完了する
2月22日  「浅川ダム地すべり等技術検討委員会」から「長野県の計画等は妥当である」旨の意見書が出される 
4月24日  「公共事業評価監視委員会」で「事業は継続とし、住民説明・コスト縮減を図る」よう意見が出される
3〜5月  浅川流域10地区で説明会を開催
6月 5日  浅川ダム本体工事発注の公告をする
6月 9日  「住民監査請求」が提出される (県知事が浅川ダムの建設工事、調査等に公金を支出しないよう必要な措置を求める)
7月31日  浅川ダム本体工事の入札・仮契約(仮契約額129億1千5百万円、前田・フジタ・北野建設共同企業体(以下「JV」))
8月 4日  平成12年6月の「住民監査請求」に対し「請求に理由がない」とした監査結果が通知される
9月 1日  「浅川ダム公金支出差止住民訴訟」が提訴される
9月19日  浅川ダム本体工事契約(契約額129億1千5百万円、 前田・フジタ・北野建設共同企業体)
11月22日  田中知事が「浅川視察及び住民対話集会」(550人)を実施し、 浅川ダム本体工事一時中止を知事が表明する
12月27日  一時中止期間をH14.3.31までとし、JVに通知する
平成13年
2001
2月20日  知事が「脱ダム」宣言を発表する
3月26日  「長野県治水・利水ダム等検討委員会条例」が公布される
6月〜
H14.6月
 「長野県治水・利水ダム等検討委員会」が14回にわたり開催される
10月 5日  9月県議会で「平成12年度分(ダム本体工事)一時中止損害賠償額」の補正予算案が承認される
11月〜
H14.3月
 「長野県治水・利水ダム等検討委員会浅川部会」が13回にわたり開催される
平成14年
2002
3月25日  ダム本体工事一時中止期間をH14.9.30まで延長することをJVに通知する
6月 7日  「治水・利水ダム等検討委員会」から知事に、浅川の治水対策は河川改修単独案とする旨答申される
6月25日  6月県議会 一般質問で知事は「浅川ダム中止」を表明し、治水対策の「枠組み」を示す
7月 5日  6月県議会で「平成13年度分(ダム本体工事)一時中止損害賠償額」の補正予算案が承認される
7月11日  「治水・利水対策推進本部」が設置される
9月20
〜24日
 田中知事が長野市長、豊野町長、小布施町長にダム本体契約解除について事前の説明をする
9月25日  ダム本体工事の契約解除をJVへ通知する
平成15年
2003
1月17日  「多目的ダム建設差し止め請求住民訴訟」、「浅川ダム公金支出差止住民訴訟」の両訴訟が取り下げられる
1月31日  「長野県公共工事入札等適正化委員会」から浅川ダム本体工事入札で談合が認められる旨の報告書が提出される
2月 5日  「長野県公共工事入札等適正化委員会」からの報告書を受け、県は公正取引委員会に報告する
4月24日  「第3回治水・利水対策推進本部会議」で、「浅川の河川改修計画原案」が確認されました
5月7日  田中知事出席のうえ「治水対策の枠組み」と「浅川の河川改修原案」に関する全体説明会を開催しました
5月12
〜26日
 浅川流域の11地区で「治水対策の枠組み」と「浅川の河川改修原案」に関する地元説明会を開催しました
7月28日  「第4回治水・利水対策推進本部会議」で、「浅川の流域対策原案」が確認されました
8月 9日  第1回浅川流域協議会が開催される
12月 1日  第8回浅川流域協議会で、浅川の治水計画に対する「提言書」をいただく
平成16年
2004
3月 4日  2月県会で「従前の計画に沿った河川改修事業」を開催することを表明
4月20日  第9回流域協議会において、再開される浅川の河川改修計画を発表
4月23日  閉会中の土木住宅委員会で、8月までの河川整備計画策定は困難であることを表明
9月27日  第10回流域協議会で浅川の流出解析の結果を発表
10月 8日
10月19日
 台風22号が長野県を直撃。各地に大きな災害をもたらした。
 台風23号では、浅川下流域の水田、畑が水に浸かる
11月29日  第11回流域協議会において、内水対策について取り組む事を表明した。
平成17年
2005
9月13日  第1回高水協議会(全20名中浅川流域協議会会員6名)開催。
   (治水・利水対策推進チーム)
9月16日
9月28日
 (仮称)「檀田遊水地・田子遊水地」を地元住民説明するにあたり、浅川総合治水対策連絡協議会に地元説明内容を説明
11月22日  第5回治水・利水対策推進本部会議において「浅川の河川整備計画に関する基本的な考え方」を決定。
11月25日  第12回浅川流域協議会開催「浅川の河川整備計画」 知事説明
12月14日
12月16日
 住民を対象とした、「浅川の河川整備計画の基本的な考え方」の説明会を開催
 12月14日[豊野会場]  12月16日[浅川会場]  知事出席
平成18年
2006
2月3日  第6回治水・利水対策推進本部会議開催
2月15日  第13回浅川流域協議会開催「浅川の内水対策に関する基本的考え方」説明
2月22日  住民を対象とした「浅川の内水対策(県案)」 説明会開催 [豊野会場]
4月4日  住民を対象とした「浅川の河川整備計画(県案)」 説明会開催 [浅川会場]
5月13日  住民を対象とした「浅川の河川整備計画(県案)」 説明会開催 [檀田会場]
5月19日  住民を対象とした「内水対策(県案)」 説明会開催 [小布施公民館]




浅川の経過
浅川の災害の歴史⇒