Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
このコーナーのトップへ
最終更新日:2006年09月09日


諏訪地域3市町に災害救助法を適用しました
 

 7月15日からの梅雨前線の活動に伴う大雨により、県下各地域では、土砂崩落、河川溢水、土石流などによる被害が発生しています。
 長野県では、地域にお住いの皆さまの人命を守り、生活の安定の確保に万全を期すため、平成18年7月19日に諏訪地域の3市町に災害救助法を適用しました。

1 適用市町村
  諏訪市、岡谷市、下諏訪町

2 適用時期
  平成18年(2006年)7月19日(水)

3 適用の効果
○豪雨災害により、避難所に避難した方に対し市町村が実施する、避難所の管理費や避難した皆様への食事の提供などに要する救助費用を県と国が負担します。

○床上浸水などにより、ご自宅に堆積した泥などの除去を自力では行えない、高齢者、障害者等の方に対し市町村が実施する泥の排出などの障害物除去に要する救助費用を県と国が負担します。

4 その他
 豪雨により災害救助法が適用されるのは、平成7年(1995年)7 月11日の小谷村、豊野町以来。
 なお、本年1月7日、「平成18年豪雪」において災害救助法を適用しています。

梅雨前線による大雨に関する情報を提供しているページはこちらです


<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、危機管理防災チームまでメールもしくは下記にご連絡ください。
危機管理防災チーム Tel 026-235-7184 / Fax 026-233-4332
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。