Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
最終更新日: 2005年08月25日

松川青年の家での落雷事故の発生
及び長野県の対応状況

 平成17年8月4日(木) 午後3時20分頃 下伊那郡松川町にある県松川青年の家敷地内 北側 キャンプ場炊事棟 において落雷事故があり、お子さんが被災しました。
 落雷事故の発生及び長野県の対応状況についてお知らせします。

県から落雷事故の際、被災した児童を救命、救援した皆様に感謝状を贈呈しました。

 

 落雷事故防止を喚起するためのポスターを作成しました。(8月9日)

2 施設管理者である教育委員会の今後の対応状況(8月5日)

3 長野県からの夏季野外活動等に関する安全対策の注意喚起(8月5日)

4 松川青年の家での落雷発生事故の経過(8月4日)

5 長野県の対応状況(8月4日)

 


 

平成17年8月17日

お  知  ら  せ

   お陰様をもちまして、今回の落雷事故により被災されたお子さんは、8月16日無事退院することができました。
   皆々様のご支援・ご協力に感謝申し上げます。
   ありがとうござました。

 
 

                                       

平成17年8月25日


松川青年の家落雷事故救助活動に関する知事感謝状贈呈しました。

写真  落雷事故関係者表彰

8月25日、塩尻の知事分室において落雷事故の際、被災した児童を救命、救援した皆様に感謝状を贈呈しました。
田中知事からは、予期せぬ事態においても、怯まず、屈せず、逃げず、冷静沈着的確に対処していただいたことに深く感謝いたします、とお礼の言葉を述べました。

 


平成17年8月9日

落雷事故防止を喚起するためのポスター作成しました。

  長野県教育委員会では、落雷による事故を防止するために長野県危機管理室と共同でポスターを作成し、図書館、児童館及び青年の家、キャンプ場、プールをはじめとする、子どもたちが多く立ち寄る場所へ配布し、掲示の依頼及び落雷が予想される場合の注意喚起を行います。

 【教育委員会と長野県危機管理室が共同で作成したポスター】


 1 カミナリの音がしたらすぐ家にかえろう!(一般用)(PDF形式 534KB/1ページ)
 

 2 安全なキャンプのために(キャンプ場用)(PDF形式103KB/1ページ)


注意喚起のために上記PDFを印刷し活用してください。

 

平成17年8月5日

教育委員会としての今後の対応


1 注意喚起について
 
 (1) 児童・生徒の野外活動における一層の安全確保の徹底を図る旨の通知をする。(別紙1)
  通知先:教育委員会事務局の各課長、現地機関の長、教育機関の長、市町村(学校組合)教育委員会教育長、私立小・中・高等学校長
 
(2) 施設管理者あてに、利用者に対する天候急変時における安全の確保方法等について周知する旨の通知をする。(別紙2)
  通知先:青年の家・少年自然の家所長

 

2 児童福祉施設入所者に対するケアについて
 
  社会部関係機関と連携し、次のとおり対応する。
  (1) こども支援課によるケア
   本日(8月5日)、前島章良こども支援課長以下2名が児童福祉施設を訪問し、社会部
  関係機関とともに入所者のケア・対応に関する検討を行う。
 
  (2) スクールカウンセラーによるケア
   8月4日、スクールカウンセラー(3名)が施設を訪問するとともに、8月5日以降もスクール
  カウンセラー(3名)を待機させ、施設からの要請があった場合に直ちに対応できる態勢を
  とる。

 

3 教職員に対する実践的訓練
  
  教職員を対象に「心肺蘇生法」の訓練を実施する。
 


平成17年8月5日

長野県からの夏季野外活動等に関する安全対策の注意喚起

 
平成17年8月5日 市町村長あて 

夏季の野外活動等に対する安全対策の徹底について(通知)

 

 


 

平成17年8月4日

本日、松川青年の家において落雷事故が発生しました。

 その概要は次のとおりです。

1 日 時  平成17年8月4日(木) 午後3時20分頃

2 場 所  松川青年の家敷地内 北側 キャンプ場炊事棟

3 状 況 
 本日、午後3時20分頃、松川青年の家敷地内の炊事棟に落雷があり、炊事棟内にいた男子(13歳)が被災しました。直ちに飯田広域消防の救急車を呼び、飯田市立病院へ搬送しました。現在治療中です
 また、引率者2名及び子ども5名の計7名が、落雷の影響から耳が聞こえにくい状態となり、下伊那赤十字病院(松川町)で手当を受け、7名全員が帰宅しました。
 なお、これらについては、田中知事並びに経営戦略局、社会部、衛生部と情報を共有しております。


 

平成17年8月4日

今回の松川青年の家での落雷事故の発生に際し、長野県では施設管理者である教育委員会で対応するとともに、知事部局内においても関係部署が連携し次のような対応を行っています。

【社会部】
 松本児童相談所長 寺沢博文のもと、入院された児童のご家族と連絡を取り、対応しています。
  社会部長 田中 透のもと、被災した児童の心のケアについて、児童相談所の児童心理士や駒ヶ根病院の医療スタッフの協力も得て支援を行います。

【衛生部】
 救急救命医である衛生部長 澤田祐介のもと、飯田市立病院と直接連絡を取り救命について指示をしています。

【下伊那地方事務所】
 下伊那地方事務所長 柳沢直樹のもと、被災されたお子様の入院先の飯田市立病院へ職員を派遣し、24時間の体制で病状の把握とご家族や関係者の皆様との対応に当たると同時に、お子様が生活をされている南信地区の児童福祉施設へも職員を派遣し連絡体制をとっています。

【経営戦略局】
 経営戦略局長 松林憲治のもと、情報の共有化と関係部局との連携に当たっております。
 また、南信地区の児童福祉施設所在地の市町村長へも支援していただくよう連絡を取りました。

<お問い合わせ先>

■ このページに関するご質問及びご意見は、経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。


政策促進チーム
Tel 026-235-7250Fax 026-232-2637

トップページ | 県からのお知らせ | くらしの情報 | 産業・経済の情報 | 県行政の情報  | 県内各地の情報 | リンク集

▲ このページのトップへ