Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
このコーナーのトップへ
最終更新日: 2006年07月11日


 7月10日 部長会議録


H18(2006).7.10 14:55〜15:11
県本庁舎 特別会議室


出席者:知事、副知事、出納長、経営戦略局長、経営戦略局参事(4名)、信州広報・ブランド室長、危機管理局長、企画局長、総務部長、総務部参事、社会部長、社会参事、衛生部長、生活環境部長、生活環境部参事、生活環境部技監、商工部長、農政部長、農政技監、林務部長、林務参事、土木部長、土木技監、住宅部長、副出納長、企業局長、教育長、教育次長(2名)、代表監査委員、監査委員事務局長、地方事務所長(10名)
欠席者:県警本部長、議会事務局長

(澤田祐介 副知事)
 7月10日、部長会議を始めます。まず1番目ですが、夏休みということで、とびっきり体験してみよう、ということで皆さん方の手元にはA3の縦長の、大変派手派手しいのが4枚ほど・・・と、あと1枚、別途お配りしましたA4版の紙1枚がございます。昨年から、これ始まりまして、昨年は43項目、各地方事務所あるいは現地機関で行っていただきまして、3,444名、今年は9つの項目が増えまして52項目が行われます。これに関しまして、これは高橋功君の方からお願いします。

(高橋功 政策促進チームリーダー)
 政策促進チームのチームリーダーを務めております高橋功でございます。「きみのゆめ、もっとふくらまそう!」ということで、昨年も7月の末の部長会議でですね、農業関係試験場、工業関係試験場、あるいは環境保全研究所等の施設開放という形でまとめてですね、先ほど澤田副知事の方からもありましたように、3,444名の参加があった訳ですけれども、今年さらにですね、さまざまな機関に、夏休み、せっかくの夏休みの機会、子どもたちの貴重な体験を、ということでアイディアを募集させていただきました所、ワクワク・ドキドキ県庁見学を初めとしてですね、新たな企画を立てていただいていた所も数多くございました。そういったものをですね、私どもの方で、ちょっと派手派手しいポスターですけど、ポスターとしてまとめてですね、これから学校等にポスター、あるいはこの日程表等を配布し、参加していただこうと思っております。既に教育委員会の方にもお願いしておりまして、小中学校等に860部、あと交通機関、あるいは小売店舗といった所にでもですね、こういったポスターを配付していただく予定にしてございます。
 また、参加していただいた皆さんにですね、来てくれたみんなに抽選で50名のお名前入りリンゴをプレゼントいたしますということで、農政部さんの多大なご協力のもとでですね、ほんのわずかですけどもお土産も用意していただくという形になりました。一番早く夏休みに入るのが、小川村の小川中学校で7月20日からということで、夏休みに入るピークが7月25、26、27日ぐらいに、夏休みに皆さん入っていきます。その7月下旬から8月上旬の体験、様々な夏休み体験ということで、夏休みに入る前に長野県で暮らす小学生、中学生、あるいは場合によっては高校生でも十分体験することができますので、広く参加を呼びかけていきたいと思っております。
 以上でございます。

(澤田祐介 副知事)
 はい、ありがとうございます。あの、皆様方も去年非常に良かったのでまた教えてねといった要望が皆さん方の所にも来てるかもしれませんけど、ちょっと話を聞きますと、これ、大変人気が高くって多いところは15分で締め切り、つまりオープンしてから15分でもう定員がいっぱいになってしまったというところもあって、ほとんど即日完売になってしまいますので、もしそういうことであるならば、早めにホームページで拾って申し込むようにという風に、どなたかから聞かれたらお伝え願えればと思います。よろしくお願いします。
 では2番目です。「信州建設産業メッセinやまびこドーム」の開催について、これは土木部の原部長の方からお願いします。

(原悟志 土木部長)
 はい、土木部長の原悟志です。それでは、あの、資料の2−1「信州建設産業メッセinやまびこドーム」のご紹介をいたします。
 これは、あの昨年度「雁田山メッセ」また「お父さんたちの事業参観」ということで、建設企業の方を支援するイベントを設けた訳でございまして、今回は第3弾といたしましてこの下の枠にありますとおり、この15日、土曜日の日にやまびこドームで開催をいたします。
 主に内容ですが、一つとして、新事業をアピールする展示と商談会ということで、販路開拓のためを目的としてございます。それと二つ目が、林務部さんで昨年度から実施しております「信州の木住宅ふれあいフェア」これを併催を致します。三つ目として、県民の皆さんとの交流の場ということで楽しいひとときを分かち合いたいと思います。次のページを開いて頂きまして、真ん中にメインコーナーということで、販路の開拓ビジネスチャンス展示商談会、これをメインとして持っております。それから左側から順に、ごちそうさまコーナー、それから地元の市町村コーナーということで、松本市、塩尻市さん始め、それから波田町、山形村、安曇野市、朝日村の皆さんに協力して頂きまして、市町村コーナー、また地元農産物即売コーナーを行います。と同時に原産地呼称管理認定品でありますコシヒカリ、これを、あずみの北穂高農業生産組合さんが生産して頂きました米を使用しましたおにぎり約1200個ですが、これを皆さんに試食して頂くこととしております。それからお楽しみコーナーの所で、これはウッドチップ、これは昨年度、林務さんで購入した機械、これを持ってきまして実演をいたしますし、それから建設業協会の松筑支部の皆さんにも協力頂きまして建設重機の試乗も予定をしております。それからアトラクションコーナー、それから親子ふれあいコーナーということで盛り沢山でございますので、一日を楽しく建設企業の方と過ごしていきたいという風に思っております。広報ですが、既に市町村の広報誌やそれから本日のSBCの「なるほど!NAGANO」、その他テレビスポット、ラジオ等で行っております。また、学校や児童館などにもポスターの掲示をお願いしてございます。このメッセですが、本庁の各部局、経営戦略局、商工、農政、林務各部、それから松本地方事務所、松本建設事務所、皆さんにご協力を、お手伝いいただくことになっていますので、よろしくご支援の程をお願いをいたします。以上でございます。

(澤田祐介 副知事)
 これ、どこの会場に入っても入場無料?

(原悟志 土木部長)
 無料でございます。

(澤田祐介 副知事)
 大丈夫ね。

(原悟志 土木部長)
 あの、(県営)公園の中でありますので・・・。当日は、公園の参加者にも声をかけていきたいと思っています。

(澤田祐介 副知事)
 はい、ありがとうございます。 今のこの二つの大きなイベントに関して皆さんの方からご質問なり何か、アイディアございましたら・・・・。八重田さん何かあるの?

(八重田修 諏訪地方事務所長)
 諏訪湖事務所もやらなきゃいけないなと。

(澤田祐介 副知事)
 あ、諏訪湖のね。

(田中康夫 知事)
 水産試験場の諏訪支場は違うのね? ん。

(八重田修 諏訪地方事務所長)
 あの、諏訪湖事務所(兼務)なんですよ。

(田中康夫 知事)
 そうなの?じゃあ、ちゃんと、はい。

(八重田修 諏訪地方事務所長)
 流域下水道も同じですけど、もうちょっと看板と中味を少し・・・

(澤田祐介 副知事)
 はい。

(松林憲治 経営戦略局長)
 せっかく、諏訪湖事務所が出来たんですから・・・

(澤田祐介 副知事)
 そうですよね。

(田中康夫 知事)
 あれは?あの原村支場は?

(松林憲治 経営戦略局長)
 野菜花きの。

(八重田修 諏訪地方事務所長)
 そうですね。あれもじゃあちょっと話を・・・

(澤田祐介 副知事)
 水産試験場の所長も次長もついこの間まで、諏訪湖の分所にお見えになった方なので、話したらどうですか?
はい。他よろしいですか?
 はい、じゃあ三つ目。建設工事前払金の一括払いについて、これも土木部の原部長からお願いします。

(原悟志 土木部長)
 はい。それでは、資料の3でございますが、本日の入札公告から、すべての建設工事の前払金について一括払い、これを40%行います。前払い金というのは公共工事を契約した際に、下請代金とかあるいは資材の購入等に立ち上がり時に資金が必要だということで、これは建設業として公共工事の中で対応しているわけでございますが、現在この(資料3の)左の下の枠にありますとおり、工期が150日以上、いわゆる5ヶ月以上の工事につきましては、前払金を契約時には10分の2、それから1ヶ月経過した段階で10分の2、合計10分の4を支払っております。ただし、工期が150日未満の若干規模が小さな工事については10分の4を一括して支払ってきたところであります。これを本日からは全ての工事について10分の4、いわゆる40%を支払うことにします。これ、あの左の下にイメージがございますが、現在は前払金が20%当初の支払い、契約時に支払いまして、30日後に20%、それから中間前金払ということで、これは昨年の11月から実施しておるんですが、これは工期が2分の1、或いは進捗が2分の1になった場合には10分の6を上限として支払うということで、10分の4を支払っておりますので10分の2だけ、20%だけ中間で払えとしてございます。と合わせまして部分払、請求による部分払、それから最終的には精算払ということでやっておりましたが、これを(下のイメージの)右(の図)にありますとおり契約当初に一括して40%を支払います。それから中間前金払は20%、部分払は必要な場合、精算払という形で、こういうことで企業の皆さんに円滑な施工をしていただくということで、県としても支援をしてまいりたいというふうに今回、このように改定をするものでございます。

(澤田祐介 副知事)
 出納長、これちょっと出納長の言葉で解説してもらえません?この内容。

(青山篤司 出納長)
 あのですね、前払制度ということで、40%までは前払いができる制度になっているということについてご承知だと思います。
 それでですね、特に建設業を中心としてですね、資金繰りを含めてですね、資金的な計画がですね、なかなかまあ銀行等の関係もあってですね、円滑にですね、資金計画がなかなかたてられないという業者の方もおります。そういう中でですね、できるだけ前払制度というものをですね、最大限活用していただいてですね、即それが資金繰りになると私たちは思ってませんけれども、その一部でもですね、資金繰りって言うか資金計画がうまくたてられるというような形で何とかまあ支援できないか、というような議論をする中でですね、今前段で申し上げました今のその前払金制度の最大限の許容範囲を活用してですね、実施したらどうかと、そういうことで、この前払制度というものを充実していこうと、こういう考え方でございます。
 それで、ついででございますけれども、私というか、出納の方の責任ということで同時議論している中で、前払制度はこういうことですけれども、支払期日がご承知のとおり毎週木曜日週一回と、原則ですけれども、これもですね弾力的にしなければいけないと。
 少なくとも週三回、一日おきには支払日を設けてですね、それで、支払うってことは県の債務の履行ですから、できるだけですね、県民の皆さんに支払期日を多くすることが、県民の皆さんに対する行政サービスになるのではないかという考え方で今検討しまして、具体的には13日に会計の担当者へ案として説明し、その後ですね、知事に報告して最終決定、まぁ今週中には最終決定してですね、今の前払制度とうまくドッキングするような形で対応しようかなと、こんなスケジュールでおります。以上です。

(田中康夫 知事)
 まあ、良いと思います。まあ、県議会でも鈴木清議員が貸し渋りだの、貸しはがしの話をしたわけですから、まあ、これは逆に前払いをしても、私達は会計局の中に検査チームがいて、この辺が国土交通省の仕事と違って、きちんと、安かろう、悪かろうであったり、あるいは先にもらって仕事がきちんとできていない、などということは起きないようなシステムになっていますから、特に市町村が本県がこういうのを入れても、何か垂直指示ではなくなっている顕れかもしれませんが、でもこれは水平協働すべきことですから、それぞれの各建設事務所や、あるいは農政部や林務部もですね、各市町村にもこうしたことを、きちんと仕事が、きちんとできている方に対しては、きちんと行うように伝えてください。まあ、伝えているんだろうけど、改めてお願いします。

(澤田祐介 副知事)
 はい、ありがとうございます。それから今日もうっとおしい天気なんですけれど、ここのところ去年と打って変わった梅雨がずっと続いてますけれども、この梅雨、今までの所の県内の災害について、危機管理局の方から。

(鎌田泰太郎 危機管理局長)
 危機管理局の鎌田泰太郎です。今年の梅雨は前半、割に雨が少なくてきておったんですけれど、ここにきてちょっと続いております。ただ量的には大したことなくて、中南信が比較的その中でも多いんですが、1時間単位雨量が10ミリから20ミリ以内くらいのところでして、休みながら降ったりということで、現在のところ被害は出ておりません。まあ、今後も気を緩めないで、雨の時はまた情報を入れますので、皆さんに対応をきちっとして欲しいと思います。それから、台風につきましてはですね、3号は朝鮮半島のほうへ上がって行っておりますので、これは大きな影響はないと思いますし、次の4号も発生しておりますので、注意をお願いしたいなと思います。以上です。

(澤田祐介 副知事)
 ありがとうございます。それと、今日で議会終わりまして、これは先回の議会からですが、議会中に答弁の中で、これやります、と言ったことが各部局であると思います。14日にここでまた改めて部長会議がありますので、明日、明後日、12日の午後5時までに各部局で議会中に答弁をして、これをやりますと言ったこと、内容とスケジュール合わせた上で、これは経営戦略局高橋君の方まで、12日の午後5時までに渡してください。まとめて14日の部長会議に報告して、そのスケジュールに従って実行して行っていただきたいと思いますのでお願いを致します。今日、用意した議題はそれだけなんですが、この他に関しまして、皆さんの方からあるいはテレビ参加の皆さんの方から何かありましたら、ご提案ありましたらどうぞ。

(田中康夫 知事)
 いいですか。各地方事務所の方からももしあれば。よろしいでしょうか。それでは、今週はもう一回、14日、金曜日に部長会議があります。ありがとうございました。

(澤田祐介 副知事)
 はい、終わりにします。


<配布資料>
きみのゆめ、もっとふくらまそ! 信州・どこでも夏休み体験ワールド!
「信州建設産業メッセinやまびこドーム」の開催について
建設工事前払い金の一括払いについて

 

 <お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。
政策促進チーム Tel 026-235-7250Fax 026-232-2637
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。