Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
最終更新日:2006年09月22日

長野県における入札制度改革の歩み


 意欲ある企業が公正に、良い仕事を遂行することができる入札制度を確立するべく、長野県では改革を続けています。本県における入札制度改革の歩みをお知らせします。

 


PDF形式(143KB/1ページ)はこちら

主 な 出 来 事

  落札率  
県政(公共事業関連)

入 札 制 度

工事

委託

平成12年度(2000年)

10

   2

田中県政誕生(第1期)  公共事業の見直しに着手

「脱ダム宣言」

 

97.7%

平成13年度(2001年)

4

 

12

「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の施行

 

 

参加希望型指名競争入札を導入(小規模業者への直接発注(500万円未満))

97.4

95.3%

平成14年度(2002年)

4

7

 

8

9

11

12

 

1

 

 2

3

 

「長野県公共工事入札等適正化委員会」発足         田中知事県議会不信任可決後辞職

田中知事再選(第2期)

 

 

公正取引委員会 県土木部現地機関、長野市などに立ち入り調査

                                   長野県公共工事入札等適正化委員会「浅川ダム建設工事談合調査報告書」を発表

予定価格の事前公表を一部試行(建設工事)

 

 

 

予定価格の事前公表を全面施行

「受注希望型競争入札」の設計コンサルタント業務など一部試行開始

 

 

 

                                                                                  「受注希望型競争入札(事後審査郵送方式の一般競争入札)」を建設工事でも試行開始                              指名停止措置の強化

94.8

 88.4%

 

46.4%

  75.6

平成15年度(2003年)

4

 

5

6

7

 

9

10

11

 

12

会計局に検査室を設置  主な公共事業実施箇所の概要を県HPで公開  

                下請110番の設置

建設産業構造改革支援プログラムの策定

「長野県発注技術等検討委員会」を設置(長野県公共工事入札等適正化委員会の付置機関として)

 

 

公正取引委員会が、県発注の測量設計業務に関して排除勧告

建設工事、委託業務に失格基準を含む「変動式低入札価格調査制度」を導入             契約約款に損害賠償条項等を追加           長野県公共工事入札等適正化委員会が「長野県の入札制度改革ー中間とりまとめ」を提言

 

 

                                                           

  予定価格を事後公表に変更

入札参加資格に工事成績などを加味した「新客観点数」を導入

 

 

低入札価格調査制度の見直し(建設工事の調査基準価格、失格基準価格の改訂)

 

73.1

52.4%

平成16年度(2004年)

4

 

5

7

 

8

10

 

11

 

  12

 

1

 

公正取引委員会が、県内の建設業者に「不公正取引(不当廉売)」の警告

                                           会計局の検査室を検査課に昇格

公正取引委員会が、県発注の測量設計業務に関して課徴金納付命令

 

 

 

「長野県公共工事入札等検討委員会」を設置(「長野県公共工事入札等適正化委員会」と「発注技術等検討委員会」を統合)

 

 

 

 

 

委託業務に係る低入札価格調査制度を廃止

長野県公共工事入札等適正化委員会が「長野県の入札制度改革ー最終とりまとめ及び提言」をまとめ公表

工事の低入札価格調査制度の見直し(2億円以上の建設工事のみを対象)

 

                             受注希望型競争入札(事後審査郵送方式)の本格実施                                           低入札価格調査制度の見直し(建設工事の調査基準価格、失格基準価格の改訂)

                                                                 総合評価落札方式の試行開始(工事成績等簡易型)

    76.0

  59.4%

平成17年度(2005年)

5

 

6

7

 

8

 

10

11

 

3

 

       長野県建設工事等入札参加資格総合点数を付与するにあたり、県独自の評価ポイントによる新客観点数を加算

  参加希望型競争入札の範囲を拡大(予定価格500万円未満を800万円未満に拡大)                          電子入札を一部開始              「新客観点数を要件とする入札」試行開始

応札者自らの積算を促す発注方式の試行開始

建設工事における失格基準価格の算定方法の改訂

電子入札をすべての案件に拡大

 

 

長野県総合評価事業審査会を設置

81.3

69.4%

平成18年度(2006年)

 4

   

総合評価落札方式の制度を一部改正

 ・工事成績等簡易型の価格以外点を最大15点に拡大・委託業務の簡易型総合評価を試行開始

 

   78.4    66.9%

※ H18年度の落札率は6月28日現在

長野県公共工事入札等検討委員会のページへ


<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。
公共事業改革チーム Tel 026-235-7027 / Fax 026-232-2637
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。