▲トップページ
>エースの現場は下のタイトルをクリックしてください
「里山の木を大量消費したいですね」
「子供達の心の中は、大人じゃとても想像できない」
「もっともっと熟成させて奥の深い庭にしたいですね」
「演劇の練習って、コミュニケーションの練習なんですよ」
「おせっかいするのが大好きなんですよ!」
好きな言葉は「夢しか叶わない、夢なら叶う」
「文化の伝承は爺さんから子供へ、だよ」

有賀恵一(建具職人)
北山敏(NPO職員)
ケイ山田(英国園芸研究家)
坂井宏光/猿田洋子
塚原成幸(道化師)
宮入恵(鍛治師)
宮坂源吉(市民グループ代表)

「本当に豊かなコミュニティとは、より高い小布施文化のために」
「地域の本音が聞けないかぎり、政策なんてつくれません」
「ずくだせ! 汗だせ! 知恵をだせ!」
「人間って地域のためになんて困らないようにできている」
「もっと小さく、地域密着型でありたい」
リゾート経営の達人が語る、これからの時代の人材とは?
一生「種まき爺さん」でいたい
市村良三(会社経営者)
井上弘司(公務員)
北村登夫(市民グループ代表)
白戸洋(大学教授)
竹内充(学生グループ代表)
星野佳路(会社経営者)
水野龍二(会社経営者)
自分で感じ取れたことが、「かわいそう」という感情の原点
「林檎作りは男の浪漫!林檎作りにかける熱い情熱。」
「本物のお米を食べてもらいたい」
森林浴とか、山菜採りとかができる山を取り戻したい
「木曽には山があるんですよ、なんせ90%以上山なんだから」
「春になるとヤギになる。夏になると蝶々になる」
「一言で言うと、切り株の問いかけに答える活動かな」
「大量生産・大量消費の戦士だった…」
「農業ほど儲かるものはないと思っています」
「畑の収入で、婚約指輪を買おうと決めました」
井出勝久(NPO職員)
荻原安治(りんご農家)
金崎和昭/隆(米農家)
香山由人(林業家)
巾崎理一(林業家)
松永モモ江(飲食店経営)
村山隆(市民グループ代表)
山口長志(市民グループ代表)
横森正樹(農業会社経営者)
吉越菊雄(農業会社経営者)
長野レガシーが捉えた新素材
「今の時代に不平不満を言ってる時間はもったいないです」
「10人たらずの会社で、誰にもできないことをやる」
「経営の原点は何か? 人を幸せにすることです」
「失われた日本を取り戻したい」
「豊田村をメジャーにしたかった」
遠藤守信(大学教授)
座光寺良子(食品・雑貨店経営者)
桜田司(会社経営者)
塚越寛(会社経営者)
降旗廣信(設計事務所経営者)
松野繁男
地域に根ざした、人々が安心できる医療を!
思いをかたちに「できたらいいね」から始まった宅老所
「人の痛みに、どこまで寄り添うことができるのか」
「細く、長く、とにかく続けていくこと」
「病気は、人生を学ぶチャンスなんです」
一つのテーマ『どういうことを楽しんでやっていくか』
地域に開かれた、心と心の交流の場
継続のポイントは、納得する、笑う、ふれあうということ
自分にも人が喜ぶことができる
「実態を最もリアルに認識できるのは医療の現場なんです」
鎌田實(医師)
川口みき(NPO職員)
北畑道子(音楽療法士)
木村久美子(エイズ患者支援)
小林正信(精神科医)
小林竜太郎
内藤弘文(NPO職員)
中村崇(理学療法士)
中山靖子(手話通訳士)
鷲沢一彦(小児科医)
編集後記はこちら