Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
最終更新日:2006年07月12日

 

信州の秀逸な食材が世界の空へ!

 

 

月1日から信州の秀逸な食材が

ANA国際線の機内食 で活躍しています!! 

 

6月4日には機内食のお披露目会を軽井沢で行いました!!

 

 ANA全日空への積極的なトップセールスにより、このほど、国際線機内食(ファーストクラス・ビジネスクラス) で信州の食材を使った郷土食料理が活躍しています。

6月1日から8月31日までの3ヶ月間、世界のエグゼクティブやビジネスマンに「信州の豊かで美味しい食材」が広くPRされます。

また、6月4日()には軽井沢で開催され た「ハッピーアペリティフIN軽井沢」の中で、この機内食の一般の方々へのお披露目会と、食材生産者の表彰が行われ、1,420人のみなさまが来場されるなど大好評でした。

お披露目会の様子については こちら をご覧ください

【機内食のご紹介】

1 実施路線

成田発国際線(ファーストクラス、ビジネスクラス)

2 実施期間

平成18年6月1日〜8月31日(3ケ月間92日間)

3 提供食数

300人・食/日

4 メニュー

※写真のメニューと変更される場合があります

前菜( 写真中央)

・岩魚の甘露煮    ・おやき

・長芋雲       ・丹揚げ

・鬼灯真丈      ・海老

・杏子鳴戸巻(箱盛り)・醤油豆(箱盛り)

・紅花隠元            ・けしの実(箱盛り)

・青唐        ・南天

 

信州そば( 写真左上)

 

○小鉢(写真右上)

信濃地鶏蒸し煮

○台の物

・雪鱒粕漬け     ・湯葉(細巻)

・凍み豆腐      ・馬鈴薯

・しめじ       ・細筍

・グリーンアスパラ  ・ひさご人参

 

香の物:野沢菜

 

御 飯:信州米(信州やえはら舞こしひかり)

     ※長野県原産地呼称管理制度認定米

 

味噌汁:なめこ、えのき茸、油揚げ、三つ葉

 

 

5 主な食材提供者
しなの鶏(信濃農園:飯綱町) こしひかり(おぎはら:東御市)

信州そば(山本食品:長野市) しょうゆ豆(成田屋醸造:長野市)

ミニおやき(小川の庄:小川村) 野沢菜(就一郎漬本舗:安曇野市)

 

【お披露目会について】

 場所

 

軽井沢町 プリンスショッピングプラザ 駐車場内特設会場

(フランス食品振興会主催イベント「ハッピーアペリティフIN軽井沢」会場内

 

2 日時

平成18年6月4日(日)

3 スケジュール

 

10:45 「ハッピーアぺリティフIN軽井沢」開場

 

11:00 オープニングレセプション

 

11:15 田中康夫信州・長野県知事とアンドレ・パッション氏のトークショー

   (ANA機内食、信州食材のPR)

 

11:45 食材生産者の紹介、ANA・食材生産者への感謝状贈呈

 

 11:50 特設ブースでANA機内食、使用食材の一般来場者向け試食開始(無料)

 

4 当日の様子

【田中知事とアンドレ・パッション氏のトークショー】

 

長野県原産地呼称管理制度認定ワインや、ANA機内食に採用された信州食材がなどが話題となりました。

【ANAと機内食に採用された食材生産者のみなさんへの感謝状贈呈】

 

田中知事がANA、食材生産者一人ひとりに声をかけ、感謝状を贈呈しました。

 

【来場者のみなさんへの機内食の提供】

 

ANA機内食PRブースでは、ANAキャビンアテンダントさんにもお越しいただき、お客様に機内食を提供していただきました。

 

【来場者のみなさんへ提供されたANA機内食】

 

美しく、繊細に盛り付けられた機内食が来場者のみなさんへ無料で提供されました。

 

【ANA機内食PRブースの様子】

 

 

ブースの前には来場者のみなさんの長蛇の列ができ、大好評のうちに試食が終了しました。

【長野県原産地呼称管理制度認定ワインPRブースの様子】

 

ANA機内食PRブースの横では、長野県原産地呼称管理制度認定ワインのPRブースも併せて設営され、こちらも来場者のみなさんに大好評でした。

 

 

<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 信州広報・ブランド室までメールもしくは下記にご連絡ください。
信州広報・ブランド室 Tel Fax 026-235-7023
▲このページのトップへ
県庁舎案内電話・メールアドレス一覧個人情報についてリンクについて
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。