Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
知事コーナーのトップへ  知事発言のトップへ
最終更新日:2006年04月04日

 

部課長級辞令交付知事あいさつ
(長野地区を除く現地機関)
(2006年4月3日)

新規採用職員任用式知事訓示
部課長級辞令交付知事あいさつ(長野地区現地機関及び本庁舎)



 どうぞお座りくださいませ。ただいま200名近い方々に辞令を交付させていただきました。年度が変わったからと言って私達の仕事が変わるわけではありません。写真  部課長級辞令交付前から継ぎ目のないサービスということを述べてきていますし、そしてこの5年半、私達は同僚と助け合いながらも県民を向いて、また今まではですね、県の行政に対してなかなかアクセスする事も叶わなかった、あるいは県の行政に関して考えを述べる事も叶わなかった、そうした方々が県内の多く、この全国4番目の広さの県土には暮らしてらっしゃるわけです。皆さんもですね、より現場において多くの県民と接する時に改めて、本県のですね、県民というものが大変な克己心を持っていたり、向上心を持ってたりしていると感銘を受けられるのではないかと思います。
 この1月の時に、仕事始めの時にも申し上げました。まずは私達はそのマニュアル的なアルゴリズムという形の言われた事をそのまま行うという事は、これはまさにマネージメントとしては必要不可欠な事です。けれども同時に例えば言われたとおりにやるだけではなくて、言われた中でそこでアイデアを出さなくてはいけない場合、その事を前回1月4日の時にはこういうお話をしました。例えばお猿さんが上のバナナを取ろうとしてる時に手を伸ばしても届かない、かがんでジャンプをしても届かない、その時に周囲を見回してそこに古びた椅子があったとするならば、それを持ってきてその上に乗ることによってそのバナナが取れる、これはまさに問題解決型、洞察型の私達の知恵です。そして更には今まで未曾有の事が起きたとしても、そこで今度は創造的な解決をしていく、これをアブダクションというふうに言いますがその事がより今の時代には求められてるのだというお話をした思います。
 私達の本県というものは類い希な自然のすばらしさ、あるいは人々のすばらしさ、あるいは作物をはじめとする生産物のすばらしさというものがあります。けれどもその価値というものは、同時に他からお越しになられる方々がそれをどのように評価してくださるかということを虚心坦懐に知ることによって良い意味で手鏡をもって弁証法していくことが出来ます。そしてそれは決して県外の方々によってのみもたらされるわけでなくて、実は私達の組織の周囲ではなくてむしろ私達の組織から遠く離れたところにいらっしゃる県民の方々があるいはどのように感じていらっしゃるのだろうか、その事に耳を澄ませるだけでなくて皆さんがそうした方々を見い出してお話をお聞きしに行く、話を聞いて納得するだけでなくて行動するということが大切だと思います。繰り返しますが日本のものづくり産業というものは、まさに良い意味で理念を持って人々がこうしたものを願っているというものを試作をして、すぐにその試作品を使用し、不具合があればそれを直していく。朝令暮改どころか朝令朝改、けれどもそこには右顧左眄するようなものではなく、常に一本、まさにお客様の目線に立つと言うことがあるんだと思います。
 この5年半の中で多くの職員の人が、それは多くの、先程も申し上げましたように例えば安曇野の建設事務所の営みにとどまらず、まさに住民の目線に立つ、今までの私達の流儀の中でこれは出来ませんとか、前例がありませんとか、あるいは全県一律に行わないと一地区だけでは出来ませんというような形の言い訳ではなくて、むしろ皆さんが常に職員である前に皆さんの家族あるいは願わくは家族を超えた地域のですね、皆さんが朝晩ご挨拶をする程度のお付き合いである人達が長野県の歩むべきものあるいはそのために県が一緒に行って行くべきものは何なのだろうかということを考えてくださっているとするならば、その意識を常に持って皆さんが提案していくということだと思います。何か新しいことを言い出すということは決してこれは恥ずかしいことではありません。
 先日、塩尻市が行ったシンポジウムに信州大学の工学部の遠藤守信教授をはじめとする方々がパネラーで参加されましたが、その場所でセイコーエプソンの新しい社長になられた花岡清ニ氏が、うちのような大きさの規模の会社になって、しかもその市場が世界であるというときに、そして競合他社もあるというときに一番今必要なことは実は変な人だったり、とんがった人であったり、おせっかいな人なんだということを言いました。他のパネラーが、なんだか田中康夫のこと言っているみたいだなといったら笑いが出たのですが。決して私を指しているのではなくて、やはり大きな時代の転換、今までは国家が言うこと、霞ヶ関が言うことをそのままなぞっていれば、ドリルの点数は満点をもらえたということです。しかしながら、霞ヶ関も背に腹は変えられない中で、交付税を激減させるということだけではなくてですね、彼らは、あるいは理念を持たないまま朝令朝改のような迷走をはじめているのかもしれません。とするならば、なおのこと皆さんには、この本県での県民の体温や目線、あるいは皆さんのそこで感じる喜怒哀楽というですね、机の上の議論だけでは到底得られない、皆さんには、良い意味でのアドバンテージ、つまり机の上での議論している人とは違うですね、皆さんには有利な点があるわけです。
 とするならば、そうしたものをですね、失敗を恐れることなく、即ち、ひるむというようなことがない、そして逃げるというようなことがない、そして屈するというようなことがない、しかしながらこの屈することがないというのは決して唯我独尊でいこうと言っているわけではありません。お正月に述べたように、「私」という字は左側のノ木偏は「か」と読みます。 中国では「か」と読むんだそうです。これはか穀類といって穀物のことを指します。では、「私」の右側のムが何かというと、肘鉄を食らわすということです。私の穀物は他の人にはあげないよ、という意味合いです。でもこれだけでは本当に皆と協調できない「私」です。
 官から民へという言葉に対しては大きな疑問があると繰り返し私は述べてきました。それは私が最初に知事に就任したときも、他の多くの方は、官対民の戦いだというような、私からすれば的外れなことを言いました。なぜかといえば、皆さんも、私には残念ながら家族や子どもがいるわけではありませんが、皆さんには愛する家族がいて、そして皆さんはご自分のまさに一生の思いで建てられた家のですねローンをあるいは多くの方は抱えていらっしゃるかもしれない。官と呼ばれるものは、決して非人間的な組織なのではなくて、そこにいる人たちは皆ローンを抱えるか弱い一個人であるということです。そしてその個人は、肘鉄を常に食らわすような人たちではないということです。民がいかに素晴らしいかということが語られていますが、実は民になって果たしてより良くなったかといえば必ずしもそんなことはない。
 繰り返し述べていますが、例えば、道路公団は民営化されたといいますが、高速道路を作る料金は1キロあたりイタリアも日本も実は平均して45億円から50億円です。ところがローマからミラノと東京から神戸はほぼ同じ距離であるにもかかわらず、ローマからミラノは民営化されたその道路株式会社の通行料金はわずか3,100円か200円です。日本はその4倍もしているわけです。民になったといいながらなんら変化はおきておらず、そしてその民になったということを隠れ蓑にして、サービスエリアの辺りの土地をショッピングセンターにしていくということは、より私たちのコモンズの地域を崩壊させていくということです。そしてハイウェイカードもなくなって、回数券もなくなって、ETCをつけない限り値段は高止まりのままであるということです。それが何故、官から民が一方的に素晴らしいというようなことが言えるのかということです。
 私たちは個人という気持ち、即ち常に皆さんが自分が県民として何をし、こういう世の中を望むのか、皆さんの都合だけでなくて、お隣の人も、行政とは関わりのないお隣の方もどんなことを望んでいるのか、その気持ちを持ったときに、まさに肘鉄を食らわす「私」ではなくて、ひるまず、逃げず、屈しない「私」が、公という、公という字は、肘鉄の「ム」が下に付いてます。その上に、人が乗っています。人が、肘鉄を隠蔽してしまうんではなくて、肘鉄を持ってるような、私達人間の弱さや、あるいは、あるときの、ずる賢さや、人によって良い意味でひらかれたものにしていくということが、真の意味での公です。私たちは、その公のなかでサービスをするために、公僕という言葉を頂いているわけで、それは、「僕」が付いてるから、必ずしも、卑下するということでもありませんし、その「公」というものは、とかく批判されがちな官というものとは、およそ異なるということです。
 ぜひともですね、皆さんが、日々、こうしたことをやってみようと思うことを、職場の者に提言をするだけでなくて、実践をする。失敗を恐れないようにしていただきたいと思います。そして、それは、決して、連帯責任とか、責任逃れということではなく、皆さんが発想された新しい考えを、より皆さんの同僚や、あるいは、皆さんの上司や、あるいは、私や、副知事や、出納長をはじめとする者にもですね、ぜひ様々な形で伝えていただきたいということです。少なくとも、本県は、この5年半の間に、あらゆる形で、意見を述べようとする人、あるいは参加しようとする人はですね、そのことが可能な形になってきたと思います。皆さんが提案をすることが怒られることではありません。むしろ、皆さんが、提案をしてくださること、そして、一緒に歩みだしてくださること、そこで、うまくいかないことを、一緒に相談してくださること、それこそが、今日こちらの横の列にも座っている者たちも含めてですね、願ってるとこだと思います。
 繰り返しますけれども、決して、ひるむことなく、そして、逃げることなく、そして屈することなく、しかしながら、唯我独尊ではなく、常に、まだ見ぬ、多くの220万の県民のために、自分も一人の県民として、何をどのようにしてったらよいのかということを、日々、心の片隅において、仕事をですね、まさに与えられたマニュアルどおりではなく、周囲を見回して、導入したらいいものを入れる。そして、更には、新しい方策を創造するということに心を配っていただきたいと思います。
 たいへん、長時間にわたっての辞令交付にご参加をいただきありがとうございます。本日、この瞬間から、今、この瞬間も働いている多くの者がいます。それぞれの職場に皆さん戻られると思いますが、ぜひともそうした継ぎ目のない、総合愛情産業の一員としての誇りをですね、持って、勇気を持って、仕事に引続き取り組んでいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

新規採用職員任用式知事訓示
部課長級辞令交付知事あいさつ(長野地区現地機関及び本庁舎)

 
<お問い合わせ先>
■ このページに関するご質問及びご意見は、経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。

人財活用チーム
Tel 026-235-7033
/ Fax 026-235-7395

トップページ | 県からのお知らせ | くらしの情報 | 産業・経済の情報 | 県行政の情報  | 県内各地の情報 | リンク集
▲ このページのトップへ