Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
知事コーナーのトップへ  知事発言のトップへ
最終更新日:2003年03月24日


自分の意見を語って輝ける星に−知事仕事納めあいさつ(2000年12月28日)−


どうぞ体を楽にして、と言ってもスペースの具合があるかもしれませんが、今日で年内の仕事が ―もちろん県警のかたを初めとして引き続き県民のために、それぞれの現場で職務を勤めていただく方々もいらっしゃいますが― 終わり、また来年の1月4日から皆さんと一緒に仕事をする事になります。私は10月26日にこの同じ場所で皆さんに最初のご挨拶をさせていただきました。早くも、それから2ヶ月であります。

さきほど部局長会議でも申し上げましたが、猪突猛進型であったり、思い込みもちょっと激しかったり、あるいは言葉もストレートだったり、私は組織と呼ばれる中で働いた経験が殆どないので、あるいは、戸惑いを感じられた方も数多くいらっしゃるかもしれませんが、私自身としてはこの2ヶ月間、非常に多くの方々に支えられて、それはレクチャーを受けるといった場面に留まらず、また、県庁に勤務する皆さんに留まらず、多くの職員が私と一緒に新しい、より良い長野県政を育もうという気持ちを以前にも増して抱いているように感じられる、との感想を幾人もの県民の皆さんからお聞きします。

本日も多くのマスメディアの方が取材に訪れていますが、県内の方だけでなく東京やあるいは遠く北海道、九州からお越しになった方々が、取材後に決まっておっしゃるのは、以前と比べて、県庁の建物の中を歩いていても、皆の表情が明るくなり、笑い声も職場から聞こえ、あるいは事前に打ち合わせの電話をした時に、必要な事を端的に告げるだけでなく、今までとは異なり最近は、私はこう思いますが、と自分の意見を明確に、女性の職員も、男性の職員も、短い電話のやりとりの中でも口にするようになったと。それは他の自治体や官庁では経験し得ないことだと、よい意味で驚いて下さる。

私は、初登庁の日にも申し上げましたが、私も皆さんも一人の同じ県民であることに変わりはなく、同じ県民としてこの長野県に暮らしていて良かったと誇りを持てるような長野県政を、来年もまた一緒に育んでまいりたいと思います。そして、既に皆さんから多数、提出を戴いた提言に関して、この休みの期間を用いて改めて読み直してみようと思います。就任当初は私が感じ取れなかった皆さんの色々なアイデアや思いは、2ヶ月という経験を経てもう一度読み直すことで、更に心を砕いて皆さんと具体的な事柄の話合いを行う場へと、必ずや至ると信じております。

そして、1階の県知事室のみならず3階へ、あるいは直接でも結構です。新しい提言が有れば、臆せず提出して下さい。勿論、Eメール(governor@pref.nagano.jp)でも、更には私だけが受け取るファックス(026−232−2123)も1階に設けてございます。あらゆる形で皆さんと心を砕いて、県民益の為にこれからも尽くしたいと思います。まだまだ行政のリーダーとしては、知識が足らない点や経験が足らない点も多いでしょう。けれども、長野県をより良くしたいという気持ちは、皆さんに負けません。これからも是非、長野県が全国の輝ける星となれるよう、御一緒に努力してまいりたいと思います。どうも今年1年間、ありがとうございました。
 

<お問い合わせ先>
■ このページに関するご質問及びご意見は、経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。

秘書広報チーム
Tel 026-232-2002
/ Fax 026-235-6232

トップページ | 県からのお知らせ | くらしの情報 | 産業・経済の情報 | 県行政の情報  | 県内各地の情報 | リンク集
▲ このページのトップへ