Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
                                  知事コーナーのトップへ  議案説明のトップへ

平成17年2月県議会定例会における知事追加提案説明要旨


 ただいま提出いたしました追加議案について、ご説明申し上げます。

 提出いたしました議案は、平成16年度一般会計補正予算案など15件です。
 一般会計の補正予算案は、23億9,076万2千円であります。
 追加する主なものは、この度の国の補正予算を活用して、県民に身近な社会資本や森林の整備、福祉・医療、教育の充実などを行うものです。
 このうち、携帯電話の不感地域を解消するために必要な鉄塔施設の整備に対する助成は、地域住民の利便性を高め、地域間の情報格差の一層の是正を図るものです。災害派遣医療チームの体制整備は、災害発生時に迅速な救護活動を行うために必要な医療機器等の整備を行うものです。このほか、養護学校の老朽化した校舎の改修や保育所の施設整備に対する助成を行います。また、災害復旧費は、台風23号等の災害について、その後の災害査定による額の決定に伴い追加計上を行うものです。
次に、減額となりますものは、国庫支出金の決定及び事業の確定などに伴う公共事業費などです。
 以上申し上げました補正予算案の財源として、県税48億9,315万1千円、地方交付税20億4,898万8千円、国庫支出金41億2,312万9千円、県債49億2,000万円、その他繰越金など33億9,920万7千円を追加するとともに、繰入金139億9,463万2千円、その他諸収入など29億9,908万1千円を減額することとしています。
本年度の一般会計予算は、今回の補正を加えますと、9,082億5,298万9千円となります。

 また、特別会計補正予算案は流域下水道事業費特別会計など7会計、企業特別会計補正予算案は病院事業会計など5会計であり、事業計画の変更などに伴う補正です。

 事件案は、副知事と教育委員会委員の選任についてであります。
副知事については、高潔な人格と温和な人柄で、入庁以来、数多くの部署での勤務経験を有し、県政の課題を的確に把握することができる小林公喜(きみよし)氏を選任することといたしました。
 教育委員会委員については、「信州教育をより良くしたい」との信念と、不登校をはじめとする様々な悩みを抱える児童・生徒や保護者に対する愛情を併せ持つ得難き人財である田中利明(としあき)氏と、定時制・通信制を含む県立高校事務長の立場から学校施設・設備の地域開放や予算執行のあり方等について提言するなど教育行政に幅広い経験を有する丸山ナ(あきら)氏の両氏を選任することといたしました。

 以上、追加提出しました議案につきまして、その概要を申し上げました。なにとぞよろしくご審議の程をお願い申し上げます。
 

<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。
秘書広報チーム Tel 026-235-7054 Fax 026-235-6232
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。