Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
最終更新日:2005年10月20日

平成12年度長野県戦没者追悼式 知事式辞

 

 本日ここに、戦没者の御遺族並びに御来賓各位の御参列をいただき、長野県戦没者追悼式を挙行できますことは、誠に意義深いものがあります。

 先の大戦が終わりを告げてから、早くも五十五年の歳月が過ぎ去りました。
 あの苛烈を極めた戦いの中で、祖国の安泰を願い、家族を案じつつ、戦場に散り、あるいは戦禍に倒れ、さらには戦後、遠い異郷の地に亡くなられた五万五千余の長野県関係戦没者の方々の御心情を思うとき、今なお悲痛の思いが胸に迫ってまいります。ここに心から御冥福をお祈りいたします。

 また、最愛の肉親を失われました御遺族の皆様が、深い悲しみに耐えながら、立派に家庭を守り、更に地域社会の発展に貢献されてこられましたことに対しまして、心から敬意を表する次第であります。

 戦後わが国は、幾多の困難を乗り越えて、国民一人ひとりの努力により、かつてない平和と繁栄を遂げております。
 我が郷土長野県も、恵まれた自然環境のもと、県民のたゆみない努力により、文化に、産業に目覚しい発展遂げてまいりました。

 この平和で豊かな今日の社会が戦没者の方々の尊い犠牲によってもたらされたことを次の世代に語り継いでいくとともに、再び戦争の惨禍を繰り返すことのないように、恒久の平和を確立することが、我々に課せられた責務であります。

 二十世紀は、世界の多くの国が、科学技術や生活水準の面で、歴史的な進歩を遂げた世紀でありましたが、一方で戦争により多くのいたましい犠牲を生んだ世紀でもありました。

 二十世紀の終わりという大きな節目の年に行われているこの式典にあたり、先の大戦から学びとった多くの教訓を改めて深く心に刻み、来るべき二十一世紀に向けて、恒久平和の確立と、心豊かに暮らせる長野県を築いていくため、全力を尽くしていくことを、ここに固くお誓い申し上げます。

 終わりに、戦没者の御霊が安らかになることをお祈り申し上げますとともに、御遺族の皆様の御多幸と御健勝を心から御祈念申し上げまして、式辞といたします。

                         平成12年11月30日
                                                       長野県知事 田中康夫
 


<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。
秘書広報チーム Tel 026-232-2002 / Fax 026-235-6232
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。