Web Site 信州
トップページ戻る目的でさがす分野でさがす組織でさがすサイトマップ使い方ガイド
最終更新日:2005年06月01日

2005 スペシャルオリンピックス冬季世界大会開会式 
田中康夫長野県知事オープニングスピーチ
 
(音声wma形式00:03:41)  (映像real形式00:04:17)

English

全国、全世界からお集まりの皆さん、よい子の皆さん、ちょっぴり悪戯(いたずら)っ子の皆さん、私は「『脱ダム』宣言」に謳(うた)われるが如く、日本列島の背骨に位置し、数多の水源を擁する信州・長野県で県知事を務める田中康夫です。

私達の信州・長野県は、年齢や性別、経歴や肩書、国籍や障害の有無を問わず、生きる意欲を有する人々に、より開かれた人生へと挑戦する公正な機会を提供する自治体=コモンズです。

 コロニーと呼ばれる閉ざされた施設の中で一生を過ごすのではなく、知的発達障害を乗り越えて、地域=コモンズの中で愛する人と一緒に暮らし、働く確かさを実感できるグループホームへの地域移行を、日本で最も先駆的に進める信州の地で「スペシャルオリンピックス冬季世界大会」が開催されるのは、私の喜びであり、誇りであります。

 現在、善光寺脇の県立信濃美術館では、スペシャルオリンピックスの開催に併せて、「アートSO」展が開催されています。それは、知的発達障害、或いは精神障害と共に生きる方々の作品を展示する企画です。

奇しくも、スイスはレマン湖(Lac Léman)の畔(ほとり)のローザンヌにも、私が敬愛する画家ジャン・デュビュッフェ(Jean Dubuffet)が設立した美術館「アール・ブリュット(Museée de L’Art brut)」が存在しています。

私は、「アウトサイダーアート」と一般には呼ばれる、こうした障害者が描いた作品を眺める度に、痛感するのです。

何の不自由もなく暮らしていると思い込んでいた私達の方が寧ろ、今から69年前にチャールズ・チャップリンの描いた「モダン・タイムス」の様に、効率至上主義の世の中で皮肉にも歯車の一部と化して、非人間的な日々の生活に追われている事を。逆に、障害と共に生きていく人々の方が正(まさ)に、“アール・ブリュット=なまの芸術”を紡(つむ)ぎ出せる、より人間的なインサイダーとしての私である事を。

スペシャルオリンピックスは、手を差し伸べようと考えていた私達の方が寧ろ逆に、人間として忘れ掛けていた「確かさ」や「喜び」を、改めて教えて貰える得難き集いなのです。多くの方々が、感動を超えて、人間としての自分を再確認する時空でありますように。どうも有り難う御座います。


  

スペシャルオリンピックス開会式終了後の宮内庁・長野県合同記者会見(リンク)
<お問い合わせ先>
■このページに関するご質問及びご意見は、 経営戦略局までメールもしくは下記にご連絡ください。
秘書広報チーム Tel 026-235-7054 Fax 026-235-6232
▲このページのトップへ  
Copyright Nagano Prefecture.All Rights Reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。